学校法人会計 AtoZ
学校法人会計に関する情報をお届けします。
補助活動事業の会計処理
補助活動事業とは、食堂、売店、寄宿舎等教育活動に付随する活動に係る事業の収入のことをいいます。


補助活動事業に該当する例としては以下のような活動があげられます。
・学生食堂
・売店
・寮
・スクールバス
・制服の販売
・バザー
・学校主催の音楽会の収入


これら補助活動事業の会計処理にあたっては、一般会計と合併して計算書類を作成しなければなりません。
つまり、補助活動事業から生じる資産・負債、収入・支出は、会計を分けることなく、一般会計に計上していきます。


この際、収入・支出については総額表示純額表示の二つの表示方法が認められています。(資産・負債は総額表示のみです。)


総額表示による場合は、補助活動事業から生じる収入・支出を下記のようにそれぞれ表示します。
売上高等の収入「事業収入(大科目)-補助活動収入(小科目)」
売上原価「管理経費(大科目)-補助活動仕入支出(小科目)」
経費「管理経費(大科目)-各小科目」
給与「人件費(大科目)-各小科目」


純額表示による場合は、売上高等と売上原価、人件費、経費を相殺し、結果として収入超過の場合は「事業収入(大科目)-補助活動事業収入(小科目)」として表示し、支出超過の場合は「管理経費(大科目)-補助活動事業支出(小科目)」として表示します。

収支の相殺する範囲は、学校の判断によって決定します。
売上高と売上原価は必ず相殺しなければなりませんが、そのほかの人件費・経費まで相殺するかどうかは、学校ごとに決めることができます。


総額表示純額表示は、どちらの方法が正しいということもなく、各学校の判断により選択することができます。


なお、補助活動事業の収支を純額表示している場合には、収支相殺の範囲及び金額を注記する必要があります。


【参考】学校会計委員会報告第22号 補助活動事業に関する会計処理及び表示並びに監査上の取扱いについて

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://gakkokaikei.com/tb.php/39-9adf0701
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
検索フォーム

プロフィール

鈴木公認会計士・税理士事務所

Author:鈴木公認会計士・税理士事務所


 格安かつ高品質の会計監査をご提案しています!

 ・必ず今よりも安い監査料をご提案いたします。
 ・大手大学から幼稚園まで幅広い監査の経験を持った公認会計士が監査をします。
 ・日本全国どこでも出張して監査をいたします。

 TEL:03-6869-1900
 FAX:03-6701-7500
 MAIL:info@su-kaikei.jp
 URL:http://gakkokansa.com/

にほんブログ村 士業ブログ 公認会計士へ



注意事項

 情報は全て掲載日時点の法令等によっています。
 掲載内容については、万全を期しておりますが、個別の事情により取り扱いが異なる場合等があります。
 掲載内容に基づく実務処理を行う場合には、専門家に相談の上行うか、十分に内容をご検討ください。
 また、内容が理解しやすいように厳密ではない解説をしていることがあります。

 掲載内容の利用により損害が発生することがあっても、一切責任を負いかねますのでご了承下さい。

RSSリンクの表示

QRコード

QR